A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Brazilian Jazz Quartet

Brazilian Jazz Quartet
Brazilian Jazz QuartetBrazilian Jazz Quartet

The Good Neighbors Jazz
COLMBIA/LPCB37037/Brazil/1958


Jose Ferreira Godinho Filho "Case"(as) Moacyr Peixoto(p)
Major Holley(b) Jimmy Campbell(dr)


Side1
Rough Ridin
Esay To Love
Out Of Nowhere
Major Blues

Side2
Yesterdays
Copacabana
Peixoto's Blues

Brazilian Jazz Quartetのアルバムとして紹介するが、アルバムタイトルが示すように正確には「Brazilian」Jazz Quartetではない。
かといって誰がリーダーともとれないうえに、Jose Ferreira Godinho Filho "Case"とMoacyr Peixotoの2人が参加し、先述の『Coffe And Jazz』とセットのように扱われる機会が多いことも踏まえて、本作もBrazilian Jazz Quartetのアルバムとして強引に扱うことにした。
こちらもやはりジャズボサやジャズサンバ以前の58年録音のハードバップ作になる。
そのGood Neighborとして華を添えているのがベースのMajor Hollyだろう。好き嫌いの別れるプレイスタイルともいえるだろうが Coleman Hawkins『ジェリコの戦い』で披露したハミングベースで虜になってから好きなベーシストの1人になっている。
この58年という時代を鑑みれば、本作と同水準或はそれ以上のアルバムがアメリカには多く存在ことは承知している。
他国盤と言うだけで、自分の中に贔屓目に捉えている部分は否めない。
そういう意味ではアメリカの名盤だけ聴いて入れば間違いないのだが、そこは心の余裕というか遊び心や愉しみといったものを持ちたいものだと思い続けている。
毎日一流シェフの作る高級料理だけ食べ続けるのも飽きがくるというものだろう。

スポンサーサイト
2017/10/15(日) 22:47:08 others トラックバック:0 コメント:0

Brazilian Jazz Quartet

Brazilian Jazz Quartet
Brazilian Jazz QuartetBrazilian Jazz Quartet

Coffee And Jazz
COLUMBIA/LPCB37005/Brazil/1958


Jose Ferreira Godinho Filho "Casé"(as) Moacyr Peixoto(p)
Luiz Chaves Oliveira da Paz "Luiz Chaves"(b)
Rubens Alberto Barsotti "Rubinho(dr)


Side1
The Lonesome Road
When Your Love Has Gone
Cop-Out
Black Satin
Makin' Whoopee
No Moon At All

Side2
Old Devil Moon
Don't Get Around Much Anymore
You'd Be So Nice To Come Home To
I Will Close My Eyes
Alone
Too Marvelous For Word

南米のジャズとなると個人的にはこれも外せない1枚となっている。
ブラジルのジャズと言えばジャズボサやジャズサンバとった融合ジャズが名盤の数々としてどうしても挙げられがちだ。
しかし、これはそれらの登場よりも前の1958年録音というのが肝。
アメリカのハードバップが隆盛を極めるなか、彼らのストレートなジャズをもって果敢に挑み、或は憧憬をも表したとも窺える快作。CaseのArt Pepperを彷彿とさせる瑞々しく若さあふれるアルトの響きが心地よい。
ブラジルのイメージとは異なったサラッとした乾いた空気感は、ようやく秋らしくなった日本の今の気候に重なるように、心地良い空間を創り出してくれる。

2017/10/01(日) 09:10:28 others トラックバック:0 コメント:0

Jorge Lopez Ruiz

Jorge Lopez Ruiz
Jorge Lopez RuizJorge Lopez Ruiz

Exitos Por LOS 4 DEL SUR
RCA/AVL-3375/60's?


Jorge Lopez Ruiz(b) Buby Lavecchia(p) Pichi Mazzei(dr)
Tito Bissio(vib)


Side1
Llorando Me Dormi
Haciendo El Amor
Son Rumores
Luna De Miel En La Luna
Cara De Payaso
Moliendo Cafe

Side2
Tengo Una Esperancita
Dos Caras Tiene La Luna
El Reloi
Mi Corazon Pertenece A Papito
12 Meses De Amor
Novelera

今回Jorge Lopez Ruizのアルバム群を再視聴していく過程で「オッ!」と感嘆の声をあげてしまった。
というのも、いつ、どこで、いくらで手にしたのか、さらには内容自体も全く記憶に残っていなかったため、自分の持ち物にも拘わらず初見盤を発見した時のような高揚した気持になったからだ。
メンバーリストにJorge Lopez Ruizの名を見掛けて手を出したのだろうという事は想像できた。
しかも今回改めてメンバーリストに目を通すと、『B.A.Jazz』、『Interpreta A JLR』に参加していたBuby Lavecchiaと Pichi Mazzeiの名が。
いやが上にも期待が高まると同時に不安も募る。
この面子をもって記憶に残っていない事があるのだろうかと。
おそるおそる針を乗せると…うん、やはり純ジャズではなかった。
軽いノリのムード、ダンスミュージック集といったところ。
それでも、『B.A.Jazz』、『Interpreta A JLR』で素晴らしい演奏を残してくれたメンバーには違いない。
敬意を表してこれも掲載させてもらおう。

2017/09/10(日) 17:00:00 bass トラックバック:0 コメント:0
次のページ