A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Flavio Ambrosetti

Flavio Ambrosetti
Flavio AmbrosettiFlavio Ambrosetti
Flavio AmbrosettiFlavio Ambrosetti

Jazz Stars
Dire/FO334/Italy/1967


Flavio Ambrosetti(as) Franco Ambrosetti(tp) George Gruntz(p)
Gilbert “Bibi” Rovere, Guy Pedersen(b) Daniel Humair(dr)


Side1
Our Suite Dig
Cheops
Dig O Dad

Side2
Sunday Walk
Sankutsu Mood
Capricci Cavalleschi

前回取り上げたトランぺッターFranco Amborosettiの父親でアルト奏者のFlavioのリーダー作且つ親子共演盤。
40-60年代に於ける兄弟共演盤は多く存在するが、親子共演となると珍しいのではないだろうか。
勿論私の知識不足は否めないが、直ぐに思い出せるアルバムがない。
そのFlavioは1919年生まれのイタリア系スイス人。40年代から活躍するベテラン。
40〜50年代はオーソドックスなスタイルを信条としていたようだが、時代の潮流に乗るかのように徐々にそのスタイルを変化させていった。
ここでも若いジャズメン相手に一歩も引けを取らない、恰も丁々発止のやり取りをするかのようなアグレッシブなスタイルを披露している。
息子の前に立ちはだかる大きな壁の如く、その衰えを見せない力強い姿勢に脱帽。
アルバム後半に差し挟まれるバラードがお互いの健闘を讃え合う親子の会話のように感じられて微笑ましい。

スポンサーサイト
2017/03/16(木) 21:29:28 altosax トラックバック:0 コメント:0

Graeme Lyall

Graeme Lyall
Graeme LyallGraeme Lyall

The Graeme Lyall Quintet
COLUMBIA/SCX7897/Australia/60's


Graeme Lyall(as,ts) Bob Mcivor(tb) Dave McRae(p)
Ed Gaston(b) Graham Morgan(dr)


Side1
Psychedelia Pt. 3
Sunny
Tuck

Side2
Tom Terrific
When Sunny Gets Blue
Spaniard In The Works

引き続きオーストラリア盤から。
前回取り上げたJudy Baileyの『My Favourite Things』 に参加していたサックス奏者のGraeme Lyall。
その繋がりから今回はGraeme Lyall のリーダーアルバムを紹介。
因みにベーシストのEd Gastonも参加している。
1942生まれのLyallは17才から既にクラブ等で活躍する早熟な才能を開花させていたようだ。
録音年の詳細は判然としないが、リリースが68年のようなので、同年か前年辺りと考えるのが自然だろう。
従って20代半ば頃の吹込みという事になる。
『My Favourite Things』ではストレートな演奏だったのに対し、ここではリーダー作という事もあってか幾分実験的な試みもあり興味深い。
冒頭の「Psychedelia Pt. 3」と最終曲「Spaniard In The Works」にその姿勢が顕著に現れている。
心地の良い緊張感を孕んだまま、徐々に熱を帯びていく Lyallのプレイは圧巻だ。

2016/06/14(火) 21:21:57 altosax トラックバック:0 コメント:0

Glauco Masetti

Glauco Masetti
Glauco MasettiGlauco Masetti

e il suo complesso
FONIT/LP.20018/Italy/50's


Glauco Masetti(as) &rhythm

Side1
Fascination Cha Cha Cha
Plenilunio
Moritat
Qualcuno Mi Ama
Sassi

Side2
Linda
Valentino
All Of Me
Baciami
Gilly

イタリアのリード奏者Glauco Masettiのアルバムの紹介はここでは2枚目となる。
前回取り上げたアルバムと同一タイトルだが、その内容は大きく異なる。
こちらはリズムセクションをバックに朗々と吹き上げるMasettiのワンホーンを堪能できる分、ジャズ感は薄い。
「チャチャ」をベースとした陽気な楽曲が続く。
からっと晴れた秋空の下で聞いていると自然と身体が踊りだす。

2014/09/23(火) 22:30:45 altosax トラックバック:0 コメント:0

Pat Riccio

Pat Riccio
Pat RiccioPat Riccio

The Pat Riccio Quartet
CTL/S5071/Canada/1965


Pat Riccio(as) Teddy Wilson(p) Doug Wilson(b)
Ed Thigpen(dr)


Side1
When You're Smiling
Misty
Stompin' At The Savoy
Sophinscated Lady
Out Of Nowhere

Side2
Undecided
What's New
Just One Of Those Things
I'm Confessin' That I Love
Take The A Train

Pat Riccioのアルバムは『The Basic Sound』以来、ここでは2枚目の紹介となる。
そしてCanadian Talent LibraryシリーズではRon Collier,Dick McClishに続いて3枚目の紹介となる。
カナダのセント・キャサリンズ出身のDoug Wilsonの重心の低いベースを皮切りに、Patの持ち味と思える柔らかく飄々としたトーンのアルトが絡む。
バラード表現では叙情性に欠ける部分もあるが、全体的には及第点を与えられるだろう。
そして、真の立役者はTeddy Wilsonだろう。「聴けば凄さが分かるだろうが、何となく遠ざけている」という位置に自分の中ではいるピアニスト。Art Tatumもやはりそういう位置付けになる。
だからこういう折にしか耳に触れないのだが、改めてその際立った存在感に感嘆させられる。
大御所らしいその懐の深いスタイル、Wilsonの手のひらの上で上手に転がされるようにPatも気持ちよさそうにサックスを奏でている。

2014/05/01(木) 22:26:08 altosax トラックバック:0 コメント:0

Ricard Roda

Ricard Roda
Ricard RodaRicard Roda

Nits De Jazz Al Jamboree
EDIGSA/CM221LS/Spain/1968


Ricard Roda(as,fl) Ricard Miralles(P) Enric Ponsa(b)
Joan-Josep Tuduri(dr)


Side1
Asteriscs
Stella By Starlight
On Green Dolphin Street

Side2
Kelly Blue
Theme For Ernie
C.T.A

もう一枚スペイン盤。
これは一時は幻盤として紹介されてきた一枚。今は再発されたおかげだろうか、比較的見かけるようになったと思う。
それでも値段に関しては据え置きのままという感は否めない。
パーカー系アルト奏者Ricard Rodaの何の捻りもない(勿論良い意味で)ストレートなジャズ。
迸る情熱を上手く楽器に投影した感じだ。
難点はフルートプレイか。「Kelly Blue」を聴くと脱力感がいつも伴う。
総合的には良盤で充分お勧め出来る作品。

2013/12/28(土) 18:25:14 altosax トラックバック:0 コメント:2
次のページ