A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Dirrick Beard

Dirrick Beard
Dirrick BeardDirrick Beard


Jazz At The Waggon
MARLISON/J.W.1005/UK/1969


Dirrick Beard,Ken Fish(p) Maurice Turner(ts) Mike Mapp(b)
Ken Turner,Ken Wright(dr) John Sawyer(vib)


Side1
Perdido
The Nearness Of You
Landlord Blues

Side2
Lady Be Good
Deed I Do

「マイナージャズ」と謳いながら最近はどこかで見聞きしたした事のあるアルバムばかりとの指摘を受けそうなので、たまには「正当な」マイナー盤を取り上げてみようと思う。
1957年からイギリスのキッダーミンスターにある(あった)ジャズクラブでのライブ録音。
こういったアルバムはライナーから情報を得るしか方法がないのだが、それも乏しい。
その少ない情報から分かった事は参加メンバーの殆どは製図者や会計士、光学機械の検査士や電子技術者といった本業を持つアマチュアミュージシャン達のようだ。
だから過剰な期待は禁物だが、ライブ録音のお蔭で意外と楽しめた。
これがスタジオ録音だと些か物足りなさが残るが、客の歓声、騒めき、合の手や拍手、クラブの和やかで穏やかな空気が感じられ、その場に居合わせているかのような寛いだ雰囲気が味わえる。
GWとは無関係の人には悪いが、この期間中の浮足立つような気持と穏やかな気候も手伝って大らかな気持ちで迎えられた1枚。

スポンサーサイト
2017/04/30(日) 16:09:37 piano A-G トラックバック:0 コメント:0

Bess Bonnier

Bess Bonnier
Bess BonnierBess Bonnier


Theme For The Tall One
ARGO/LP632/USA/1958


Bess Bonnier(p) Nick Fiore(b) Bill Steen(dr)

Side1
All The Things You Are
The Thrill Is Gone
Tones For Bones
Theme For The Tall One

Side2
Dorian
Blue Room
A-Train
Trolley Song

先に取り上げたPatti Bownに続き女流ピアニストを紹介しよう。
彼女の盲目ながら、そのハンディを微塵も感じさせないプレイは見事というほかはない。
Patti Bownよりもさらに知名度では劣るものの晩年に至るまでレコーディングを続け、息の長い活動をしていたようだ。

さてPatti BownとBess Bonnierのアルバムを立て続けに取り上げのは他でもない。
このアルバムがマイナー盤に向かわせるきっかけとなった事を懐かしく思い出したからだ。
否、正確にはこの2枚のアルバムを巻頭カラーで紹介したジャズ批評社の「ピアノ トリオ1600」あの本の存在がマイナー盤収集を加速させた。
当時の廃盤収集の手段としてはショップか通販が主だった。
今と違ってネット環境がなかった分入ってくる情報は少なく、店で直接眺めるか雑誌に頼るしかなかった。
中でも通販ショップから送られてくるカラージャケが掲載された美麗なカタログが、自分の中ではバイブルのような存在だった。
そこには知らないレコードが無数にあり、ただ眺めているだけでも楽しかった。
どんな演奏なんだろうと想像を膨らませながら、飽きもせず眺めては辞典のように扱っていた。
掲載されたレコードがどれも眩しく思えた。
そういう状況の中で発刊された「ピアノ トリオ1600」には快哉を叫んだものだった。
多くの本が何回同じ名盤のレビューをすれば気がすむのかといった怒りにも近い感情を抱かせる紙面構成に辟易させられる中、レビューは殆どなくジャケ付きのディスコグラフィーのようなシンプルな構成。あれがまさしく求めていたものだった。
このブログを始めたのも、あの本のおかげと言っても過言ではない。
今はネット環境が各段に進歩し、情報が溢れ返っている。ジャズのレビュー本やディスクガイドも掃いて捨てるほど発刊されてきた。
それでもここで取り上げてきたようなアルバム群を真剣に(?)取り上げたガイド本の存在を私は知らない。
だからその間隙を突くことようなをやりたかった。
冒頭の「All The Things You Are」を聴くと当時の高揚した気持ちを思い出す。

2017/03/07(火) 22:41:04 piano A-G トラックバック:0 コメント:2

Patti Bown

Patti Bown
Patti BownPatti Bown


Plays Big Piano
COLUMBIA/CL1379/USA/1959


Patti Bown(p) Joe Benjamin(b) Ed Shaughnessy(dr)

Side1
Nothin' But The Truth
It Might As Well Be Spring
Waltz De Funk
I'm Gonna Wash That Man Right Outa My Hair
Head Shakin'

Side2
G'won Train
Sunshine Cake
Give Me The Simple Live
I Didn't Always Know What Time It Was
Always True To You In My Fashion

ジャズだけでは無くブラックミュージック全般にわたって活動した女流ピアニストのPatti Bown。
1931年ワシントン州シアトル生まれ。ワシントン大学でトレーニングを受け、40年代後期からローカルバンドで活動開始。
56年ニューヨークに進出後、ラウンジやBilly EckstaneやJimmy Rushingとの共演で活躍。59年からは旧友のQuincy Jonesのバンドに加わり楽旅。
その後は毎年ニューポートジャズ祭に参加したり、73年からは「New York Jazz Repartory Company」のスタッフミュージシャンを務めたり、晩年はゴスペルの分野等幅広い活動を展開した。
しかし、そのキャリアの割にはリーダーアルバムとなるとこれ1枚のみと寂しい。
それでもこの1枚に彼女の持ち味を凝縮させたような好盤に仕上がっている。
アーシーでノリが良く、ブルースフィーリング溢れる節回しは多くの人に受け入れられるだろう。


2017/02/05(日) 10:00:09 piano A-G トラックバック:0 コメント:0

John Bresnik

John Bresnik
John BresnikJohn Bresnik

The John Bresnik Trio
No Label/No Number/USA/1961


John Bresnik(p) George Clark(b) Steve Scott(dr)

Side1
The Lady Is A Tramp
The Man I Love
It's Almost Like Being In Love
Jeepers Creepers

Side2
How High The Moon
Hamp's Blues
Our Love Here To Stay
Take The A Train

これはほぼ知られていないアルバムだろう。
John Bresnikのもう1枚のリーダー作。Bresnikは1枚のみと思われている節があるがちゃんと存在する。
前回取り上げた『Jazz Germany』より2年前の録音となり、これが初リーダーだと思われる。
本盤もやはりノーレーベルの完全プライベートプレス。
『Jazz Germany』は珍しいとは言え、年に1回は見掛けるレベルで、先述のように某通販サイトでは売れ残ったままだ。
しかし、こちらはまず見掛けない。知られていないから相場も皆無。数万円の値が付いても不思議ではないが、数千円で売られていても疑問は沸かない。
『Jazz Germany』はマイナー盤にしてはそれなりに知られていてある程度の相場のようなものが存在するが、こちらは知られていない、故に探されない。競争相手がいない。だから、レコード自体は見つけにくいが出て来た時は人知れずこっそりと安価で入手可能なはずだ。
でも、ここに掲載され為に競争力が付いて急激に高騰…なんて影響力はこのブログにはないだろうから心配は無用。
内容は皆の大好きな(?)ピアノトリオ。
こちらも好内容で取り分けトリの「Take The A Train」を愛聴する。
「Take The A Train」というと好フレーズが連発する70年代のモントルージャズフェスでのRay Bryantのピアノソロをこの曲のベストトラックとして愛聴してきたが、それに並ぶとは言い過ぎだが、Bresnikのこれも結構良い線をいっている。

2016/08/21(日) 17:00:00 piano A-G トラックバック:0 コメント:0

John Bresnik

John Bresnik
John BresnikJohn Bresnik

Jazz Germany
No Label/No Number/USA/1963


John Bresnik(p) Earl Moseley(ts) Enoch Allen(b)
Nat Tassinario(dr)


Side1
The Lady Is A Tramp
Misty
Au Private

Side2
Blue Mose
I'll Remember April
Toyopa Drive

このアルバムも過去に紹介したJoel Zelnik『Move』、Hank Bagby『Opus』と同様「60年代のアメリカのマイナー盤」という条件の中では高額取引されてきた1枚になるだろう。
もちろんそれは店や個人によって単に値付けがされたという事ではなく、実際に取引された価格の事で、私が見た限りでは最高7万8千円、平均でも5万程度はしてきたと思う。
繰り言になるがこの手のマイナー盤の宿命として、相場という概念が皆無に等しく、偶然売り手と買い手のタイミングが一致した時は物凄く高騰するが、ある程度行き渡ると相場が下がる、だけならまだしも見向きもされなくなる危険性さえ孕んでいる。
実際、今現在某通販ショップに上々そうなコンディションのものが当初の半額2万5千円でも売れずに長らく残っている。
ただ、先月もそのショップでは同タイトルの未開封盤が5万以上で売れているようなので、コンディション如何によっては『Move』や『Opus』程の暴落はまだしていないという判断で良いのだろうか。
本作はノーレーベルの自主制作盤。ジャケットがシルクスクリーンになっていて凝った造りになっている。
ライナーなくメンバーの経歴等の情報は不明。
唯一ラベルにメンバーと録音場所、録音年の記載がある。
そして、裏面に小さく恐らくBresnik本人が押印したものと思われるサインがある。
そこには「John C Bresnik 633 Toyopa Drive Pacfic Palisades.calif.」とある。
そこからBresnikはカリフォルニアで活動していたピアニストでサックスのEral Moseleyも同郷で後にジャズファンクの分野で活躍するジャズメンと同一人物と思われる。
従ってタイトルにGermanyとあるがドイツのジャズメンでもなければドイツ盤でもない。
どういう経緯でそこでの録音に到ったのかは謎だが、63年のミュンヘンに於ける記録となっている。
プライベート盤、マイナージャズメンといえども内容は悪くはない。
高額になる理由はただのマイナー盤だからというだけではなく、そこに内容も伴っているからという事だろう。
逆にこの高水準の演奏がアメリカジャズの層の厚さとも取れる。
もう少しメジャーレーベルからリリースされていたら、多くの人の愛聴盤になっていた可能性がある。

2016/08/20(土) 23:00:44 piano A-G トラックバック:0 コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。