A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Teddy Charles

Teddy Charles
Teddy CharlesTeddy Charles

On Campus
BETHLEHEM/BCP6044/USA/1959


Teddy Charles(vib) Zoot Sims(ts) Sam Most(fl) Jimmy Rayney(g)
Dave McKenna(p) Bill Crow(b) Ed Shaughnessy(dr)


Side1
Rifftide
Too Close For Comfort
These Foolish Things
Struttin' With Some Barbecue
Yesterdays

Side2
Yale Blue
Whiffenpoof Song
That Old Black Magic
Nigerian Walk

久しぶりに「Animal Cover」の更新をふと思い立ち、取り出したのが「犬」ジャケのこの1枚。
ジャズのライブには誘いや付き合いが無ければ、自ら進んで出掛ける事は皆無になってしまった。
最後に進んで足を運んだのはSonny RollinsかDusko Gojkovicだったと思う。
その動機は極めてミーハー的なものだった。
Rollinsはもう年だし、次にいつ来日できるかわからないから見ておこうという程度のものだったし、Gojikovicは小さいライブハウスが会場で運よく目の前の座席を確保できたため、レコードでしか知らない動くGojikovicはどんな感じなのだろうといった記念鑑賞的なライブ参加だった。
そこには、これまでレコードで耳にしてきた演奏に匹敵、或は凌駕するようなものを期待してはいなかった。
ジャズの楽しみ方は人それぞれだと承知している。
ライブは演奏内容だけではなく、その場の雰囲気や熱気を含めて楽しみ、それもジャズの一部だという事も理解している。
ジャズは進化し生きている音楽なんだから、過去に記録されたものだけを聴いていても本質を理解したことにも、そのジャズメンを分かったことにはならない、という意見がある事も知っている。
ジャズはアドリブなんだ。だから昨日と、今日ではまた違うものだからライブにこそ意味があるという考え方も最もだとも思う。
それを踏まえたうえで敢えて批判を覚悟で言うならば、自分自身の経験に限ってはライブの感動よりレコードで聴くジャズの感動の方が遥かに上回ってしまっている。
自分のライブ経験は乏しいと自覚している。だから、ライブに多く出掛けライブをジャズライフと考えている人からすれば、大した経験もないのにものを言うな、となるだろう。
でも、突き詰めていくと自分が長く本当に聴き続けていきたいのは大きなカテゴリーとしての「ジャズ」ではなく、それは例えばGetzのジャズやPepperのジャズ、PowllやMonkといった人たちのジャズなのだろう。
でも、残念ながら彼らはここにはもういない。だから記録されたものに頼るしかない。

さて、本作のリーダーのTeddy Charlesはリーダー作、サイドメンとしての参加やプロデュース作は多く残されているが、不人気で敬遠されがちな存在だ。
その原因としてAtlantic盤に代表されるような重苦しく、おどろおどろしいジャケットイメージと「実験的」「革新的」とった気難しい言葉が先入観として付きまとうからではないだろうか。
しかし、ここではどうだろう。そんな先入観を払拭させるかのように一心不乱にストレートにスウィングしている。
全員がノリノリで本当に楽しそうだ。
冒頭の話に戻れば、こんなコンサート、ライブなら喜んで行きたいものだ。
仮にこんな面子のこんなライブがいつも身近に聴くことができる環境があったならば、レコードなんて1枚もいらないのかもしれない。

スポンサーサイト
2018/02/04(日) 00:51:42 Animal Cover トラックバック:0 コメント:2

George Jenkins

George Jenkins
George JenkinsGeorge Jenkins

Drum Stuff
TAMPA/TP18/1956/USA


George Jenkins(dr) Plus Johnson(ts) Ray Johnson(p)
Duke Harris(dr) Unknown(g)


Side1
Caarvan
Gee Gee
Cottontail
Red Jacket

Side2
Drum Boogie
Last Call
Hot Spot
Drum Tatoo

久しぶりの「Animal Cover」の更新。
今回はチンパンジー。チンパンジージャケは『The Lex Golden Jazz Octet In Hi-Fi』以来となり、George Jenkinsのリーダーアルバムとしては『Drum Magic』以来の2枚目の紹介となる。
『Drum Magic』では希薄だったドラムの存在感がここでは確かにある。
冒頭の「Caravan」からそれは顕著となる。そこに絡むJohnsonのテナーは一聴下品にもなりえるが、ここではマッチしている。
その勢いが最後まで衰えない点では快演とも思えるが、一方で暑苦しさも感じないわけでもない。

『Drum Magic』
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/blog-entry-63.html

2015/02/15(日) 18:29:43 Animal Cover トラックバック:0 コメント:0

Hugh Cardenas

Hugh Cardenas
Hugh CardenasHugh cardenas

A Night At The Drake
GDC/LM103/USA/1965


Hugh Cardenas(dr) Jim Robinson(vib) Sandy Margolis(p)
Bob Meek(b) Jim Parker(g) Patty Cardenas(vo)


Side1
Blue Moon
My Heart Stood Still
Laura
Deed I Do
Yellow Bird

Side2
The Nearness Of You
Out Of Nowhere
Misty
Besame Mucho
The Lamp Is Low

前回取り上げた「Tipplers Three」のジャケットデザインと似たアルバムを所有している事を思い出し、取り出してみた。
ついでに更新が遅々として進まなかった「Animal Cover」のカテゴリーに久しぶりに投入。
これも同じくプライベートプレスと思われる。
ここの所の常套句となっているが、やはり彼らの経歴等は一切不明。
ミネソタ州ミネアポリスの「Drake Hotel」を活動拠点に置いていたバンドのようだ。
基本はヴァイブカルテットだが、曲によりピアノトリオになったり、ギター或いはHugh Cardenasの奥さん(?)と思われるPatty Cardenasのボーカルが加わった曲もある。
ホテルのバンドマンだけあって、火を噴くような熱演はないし期待もしてはいけない。
当然リラックスした上品な演奏。
どの曲もそつなくこなしている印象で、その分際立ったナンバーもない。
強いてあげるならば「Besame Mucho」あたりだろうか。

2012/10/28(日) 18:45:40 Animal Cover トラックバック:0 コメント:0

Dick Katz

Dick Katz
Dick KatzDick Katz

Kool For Katz
Pye/NPT19033/UK/1958


Dick Katz(p) Peter McGurk(b) Harry Brown(dr)
Judd Proctor(g)


Side1
There Will Be Another You
Pet
Mirage
Makin' Whoopee
Anitra's Dance

Side2
I'm Beggining To See The Light
The Jitterbug Waltz
Dick's Boogie
Morning Glory
Lover

ロンドン・オリンピック開催企画の第九弾。

今朝、予期しなかった衝撃のニュースが飛び込んできた。
ロンドン・オリンピック閉幕。
普通に試聴、観戦していた人なら当然のニュースだが、熱心では無かった私は今月いっぱいくらいは開催しているものと勝手に思い込んでいた。
開幕当初は多忙で思うように更新できなかったが、漸く落ち着き、さあこれからという矢先の事。
レース前にフライングで失格したような脱力感。
しかし、ここ何ヶ月か意識的にUK盤を取り上げるのを控えていたため、ここである程度放出しておきたい。
ロンドン・オリンピックは終わったが、レコード・オリンピックは開催中。

同姓同名のアメリカ人ジャズ・ピアニストがいるが、こちらは別人のイギリス人ピアニスト。
素性が殆どわからず、リーダーアルバムもこの一枚のみだろうか。
ジャケットは記憶に残るが、演奏は記憶に残るほどではない。
適度なスウィング感を伴った上品な演奏。
更新が滞っている「Animal Cover」のカテゴリーに入れておこう。

2012/08/13(月) 09:50:31 Animal Cover トラックバック:0 コメント:2

Earl Cadillac

Earl Cadillac
Earl CadillacEarl Cadillac

Dansez Avec Earl Cadillac
Vogue/LD247/France/50's


Earl Cadillac(as) &Orchestra

Side1                    
Lullaby Of Birdland             
Au Revoir                   
Dans La Vie                 
Etoile Bleue                 
Furkish Tango                

Side2
Mr.L'amour
Les Deux Pigenos
Nearness Of You
Va Petit Enfant
I'homme En Noir

引き続き「Animal Cover」を。次は「馬」ジャケ。
このEarl Cadillacの詳細は不明だが、Vougueに数枚のアルバムを残している。
オーケストラをバックにブリリアントで艶のある、伸びのあるアルトを聴かせてくれる。
ジョニー・ホッジスに近い様な気もするが、またそれとは違った魅力を放つ。
椅子に寝そべりながら聴いていたが、そういう寛ぎをもたらしてくれる一枚。

2011/11/19(土) 21:42:29 Animal Cover トラックバック:0 コメント:0
次のページ