A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Bill Stack

Bill Stack
Bill StackBill Stack


Bill Stack Combo
No Label/No Number/USA/1955


Bill Stack(dr,vo) Dick Wathen(sax,vo) Don Sohan(tp,vo)
Conrad Frelly(p,Cordovox,vo)


Side1
Shadow Of Your Smile
Little Things Mean A Lot
Peanuts Polka
Statue Of A Fool
Never Walk Alone

Side2
Let Me Try Again
Close To You
Leroy Brown
Behind Closed Doors
For The Good Times
My Way

前回紹介した雪景色ジャケットのPhi Urso『Sentimental Journey』
その雪景色繋がりでこのアルバム。
くどいようだが敢えてもう一度言わせてもらうならば、マイナー盤は常にリスクと隣り合わせ。
このアルバムしかり。
ノーレーベルの完全プライベートプレス。ライナーも無い。
購入時はレーベルも見る事が叶わず、唯一与えられた情報はジャケット表に記載されたメンバーとその楽器のみ。
そして、レコード店のジャズのコーナーに置かれていたという事。
ベースレスの2ホーンアルバムだろうと想像を膨らませてプレイヤーに載せた瞬間腰が砕けた。
インスト混じりのボーカルもの。しかもメンバー全員唄っている。
インストアルバムとしても、ボーカルアルバムとしても魅力なし。
どのあたりの層を狙って作られたものだろうか。
そもそもジャズアルバムなのだろうか。
知らないレコードに巡り合えた喜びと知ってしまった悲しみを同時に味わうことになった。

スポンサーサイト
2017/01/27(金) 21:55:30 drums トラックバック:0 コメント:0

Jack Parnell

Jack Parnell
Jack ParnellJack Parnell

Trip To Mars
Parlophone/PMD-1053/UK/1958


Jack Parnell,Phil Seamen(dr) Jimmy Deucher、Jimmy Watson(tp)
Derek Humble(as) Ronnie Scott,Kenny Graham(ts) Harry Klein(brs)
Ken Wray,Laddie Busby(tb) Max Harris(p) Sammy Stokes(b)


Side1
The Hawk Talks
Sure Thing
Carioca
April In Paris
Cottontail

Side2
Catherine Wheel
Trip To Mars
Summertime
The Champ
Skin Deep

購入当時はJack Parnellの事は知らなかったが、豪華メンバーとこのレトロ感満載の紙芝居風ジャケットに興味をそそられて手にした1枚。
そのParnellはロンドンの劇場の興業主の家に生まれている。ドラマーとしては「メロディー・メーカー」のトップドラマーに7回輝いた実力を持ち、バンドリーダーやテレビ、映画音楽の監督も務めた才人。
内容はジャケットほどエキセントリックではない。
ParnellとPhil SeamenとのダブルドラムやJimmy Deucherをフィーチャーしたパートも並ぶが、豪華面子の宝の持ち腐れ感がやや否めない。
各人のソロを期待すると肩透かしを食うが、難しいことを抜きにした通常のビッグバンド作として楽しむことはできる。

2015/08/03(月) 22:27:08 drums トラックバック:0 コメント:0

Andrew McPherson

Andrew McPherson
Andrew McPhersonAndrew McPherson

Andrew McPherson At Smedley's
SQUALOR/LP-101/USA/60's


Andrew McPherson(dr) Dinky Morris(ss,ts) Wallace Burton(p)
Wilber Green(b) James Harriston(conga) Robert Hechler(vib)


Side1
Delilah
Downtown
Wade In The Water

Side2
John Brown's Body
Dinky's Blues
When Your Smiling

シカゴのローカルミュージシャンによるセクステットの演奏。
Dinky Morrisのソプラノ・サックスとRobert Hechlerのヴァイブのエキゾチックな絡みが秀逸の「Delilah」からはじまり、陽気な「Downtown」、華麗なフルートが堪能できる「Wade In The Water」
お馴染の「John Brown's Body」(リパブリック賛歌)、気持ちよく唄い伸びのあるテナープレイで、アルバムのトリに相応しい爽快な 印象を残す「When Your Smiling」と聴き所はいくつか用意されている。
リーダーはMcPhersonだが、フロントの二人の功績に因るところが多いアルバム。

2015/05/05(火) 14:15:34 drums トラックバック:0 コメント:0

Jack Stewart

Jack Stewart
Jack StewartJack Stewart

Middle Of The Road
STOCKBRIDGE/696/USA/60's


Jack Stewart(dr) Bill Loucks(as,cl) Bob Shepherd,Dick Mullins(p)
Fred Johnson(b)


Side1
Blooze
Soon It's Gonna Rain
Three To Get Ready
Cute

Side2
A Smooth One
One Note Samba
Everything Happens To Me
'S Wonderful

経歴不詳のドラマーJack Stewart率いるワンホーン・カルテットによるライブ録音。
Side1は「Miss Hall's School」Side2は「Stockbridge Inn」に於けるライブ。
篭ったような音や揺れが発生する等の当時としては録音状態が悪く、熱気や生々しさが殆ど伝わってこない。
その録音状態の悪さも手伝って、演奏内容もそれに引きずられてしまったように聴こえるのが惜しい。
良く耳を澄ませれば「Soon It's Gonna Rain」や「Everything Happens To Me」など、幾分艶の剥がれたPaul Desmond風のBill Loucksのアルトが(褒め言葉?)曲調にマッチした良演もあり、聴き所がないわけではない。
もちろんそれは彼らの意図する事では当然ない筈で、その事によって正当な評価が得られない事は不幸だろう。
一方で、特に40年代などの貧弱な録音状態で記録されたものの中でも、それを恰もものともしないような鬼気迫る演奏が伝わるParkerやPowellをはじめとするジャズ・ジャイアンツたちの力量に感嘆するものだ。
それがジャイアンツたる所以なのだと感じざるを得ない。

2015/02/21(土) 09:30:05 drums トラックバック:0 コメント:0

Max Albright

Max Albright
Max AlbrightMax Albright

Mood For Max
Motif/ML502/USA/1956


Max Albright(dr,vib,bell) John Anderson(tp) Buddy Collette(as,ts,cl,fl)
Willam Green(as,ts,cl,b-cl,fl) Dave Wells(b-tp,tb)
Chuck Gentry(brs,cl,b-cl) Gene Cipriano(oboe,brs,b-cl,horn)
Gerald Wiggins(p) Joe Comfort,Curtis Counce(b)


Side1
Crow`s Nest
Remember
Sunset Drive
You`re Devastating
Mood For Max
Some Folks Like The Blues

Side2
Top Hat, White Tie And Tails
I Hear Bells
Buzzin`n Cool
One Morning In May
That`s All
Heat Wave

ドラマー兼ヴァイブ奏者のMax Albrightは1923年インディアナ州に生まれている。
プロ入り後はDavid RoseやJerry Grayの楽団で活躍、戦後Boyd RaebarnやCharlie Barnetの楽団に加わりドラマーとしての腕を磨いていたようだ。
因みに本作でも聴けるヴァイブはTerry GibbsやTeddy Charlesに学んだらしい。
その他、共演者はFrank SinatraやSammy Davisを始め数多存在する実力者。
ここでは正にAll Starsによる折り目正しいWest Coastサウンドが展開される。
名義上リーダーとなっているが、殊更強い個性を発揮しているわけではなく、そこはあくまでもバンドの縁の下に徹している。
一方で集団に居ながら埋没しない個性を発揮、異彩を放っているのがBuddy ColletとGerald Wigginsの存在だ。

2014/09/25(木) 18:00:00 drums トラックバック:0 コメント:0
次のページ