A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Tupper Saussy

Tupper Saussy
Tupper SaussyTupper Saussy

Jazz At Sewanee
RCA/30M-2015/USA/50's


Tupper Saussy(p) Chuck Kneeland(b) Bobby Brabham(dr)
Ken Followill(g)


Side1
Line For Lyons
My Funny Valentine
Jumping With Symphony Sid
Unbound

Side2
I Want To Be Happy
Mr.Wonderful
Lupo's Lament
Lullaby Of Birdland

これも趣旨に沿ったマイナー盤だ。
メジャーレーベルからリリースされたマイナー盤という異質なLiアルバム。
個人的には購入時と数年前に都内の大手専門店で約6万円(!)で売られている時以外は見掛けた事がない。
そのセール以降店では 目にしていないので、その価格で売れたのだろう。
Tupper Saussyはジャンルに囚われない活躍をしたした音楽家で、当然純粋なジャズメンというわけではない。
そのSaussyがSewnee大学在学中にリリースしたプライベート盤で初リーダー作になるらしい。
実に折り目正しい正統派の演奏で、Saussyの初期の活動記録としては貴重なものと言えるだろう。
廃盤価格や価値を維持するため「激レア」「メガレア」「ギガレア」最近では「神レア」などという煽り文句もあるようで、それに倣えばこれも「メガレア」だ。
勿論自分の持っているものを貶めるような行為はしたくないのが人情だ。
これも本当に6万くらいで取引されるのならば嬉しい事なのだが、そこは投機目的でも転売目的でレコードを購入しているわけではないものの強み、正直な意見をもちたいものだ。
つまり、これに6万払うならば、それよりも先に手にしてない名盤を購入した方が賢明だ、と。

スポンサーサイト
2017/05/14(日) 16:18:09 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Bryce Rohde

Bryce Rohde
Bryce RohdeBryce Rohde

Corners
CBS/SBP233046/Australia/1963


Bryce Rohde(p) Charlie Munro(as,b-cl) Bruce Cale(b)
Mark Bowden(dr)


Side1
Corners

Side2
Unlimited Child
Opus 4/56
Autocoptus

さらに続くオーストラリア盤の紹介。
そして引き続きBryce Rohdeのリーダー盤を。
前作『Straight Ahead』より更に個性が発揮されたアルバム。
それを顕著にしているのがCharlie Munroの存在だろう。
Munroと言えば大仏ジャケ(?)で有名な『Eastern Horaizons』を発表したサックス奏者。
オリジナル盤は今でも結構手にするのが難しく、私も何度か手にする機会に恵まれたものの、その時は他のアルバムに手が伸びてしまい長らく見送っているうちにすっかり魅力が失せてしまった。
非常に個性的でジャケットと内容とも魅惑的なのだが、自分が求めるものとは違っていた。端的に言えば趣味に合わないという事なのだろう。
本盤は『Eastern Horaizons』と同列に語るべきものではないのだが、ここでMunroとRohdeが追い求めるものと私の趣味とはやはり大きく乖離した内容になってしまった。
Rohdeはこれ以降もいくつかのリーダーアルバムを残しているが、手持ちはここまで。
特に欲しいアルバムも無いので、Rohdeの紹介はここで最後となる…はず。
ただ、オーストラリア盤の紹介はまだ続く。

2016/08/04(木) 22:35:48 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Bryce Rohde

Bryce Rohde
Bryce RohdeBryce Rohde

Straight Ahead !
CBS CORONET/KLLS1741/Australia/1962


Bryce Rohde(p) Frank Phipps(b-tp) Dick Knudson(b)
Colin bailey(dr)


Side1
How Many Thunders Do You Need ?
Pickled Piper
Millstream

Side2
Better Than Anything
Opus Five
Lydia
Woolloomooloo

相変わらずオーストラリア盤を。
そして引き続きBryce Rohdeのリーダー作を紹介。
本盤をRohdeの代表作と見做しても良いだろう。
7曲中6曲をRihde自身のオリジナルで固め、前作『In Concert」』は異なるアプローチを試みた意欲作。
アルバム上ではここが転換期になっている。AJQを経て『In Concert』までの流れから逸し、独自の世界観を確立したかのようだ。
これまで取り上げた同郷のJudy BaileyやErrol Budle、The Three Outらとも一線を画している。
ゴリゴリと力で押し切る所謂「Straight Ahead」なタイプというよりも、抑制された美意識が隅々まで行き渡っているような演奏。

2016/07/30(土) 23:45:47 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Bryce Rohde

Bryce Rohde
Bryce RohdeBryce Rohde

In Concert
CBS CORONET/KLP909/Australia/1960


Bryce Rohde(p) Ed Gaston(b) Colin Bailey(dr)
George Golla(g)


Side1
John Boy
Lonesome Road
Give Me The Simple Life
My Funny Vallentine
9.20 Special

Side2
Our Delight
You Are Too Beautiful
Assisted Passeage
Blues For Sylvia

まだあるオーストラリア盤の紹介。
リーダーのBryce Rohdeもまたオーストラリアジャズをを代表するピアニストの1人。
そしてAJQことAustralian Jazz Quartetの一員。
1923年タスマニア生まれ。地元オーストラリアはもとよりアメリカでも研鑽を重ね近年まで長いキャリアを維持していたが、惜しくも今年初頭に亡くなった
その長いキャリアの中で発表した初リーダー作が本盤にあたる。
Rohdeというと『Straight Ahead』が代表作として挙げられると思うが、それよりも2年前に発表された本作はオーソドックスな演奏でインパクトは薄い。
Ray Brownへトリビュートされた「Blues For Sylvia」がハイライトと思えるが、それでもまだAJQの延長線上に位置していてこの後発露されるRohdeの個性や音楽感への表明、確立には到っていないように思える。
Rhodeのアルバムとしては特段勧められるものではないが、当時のオーストラリアのジャズシーンを窺い知る為には、これもまた貴重な記録となるだろう。

レコードの楽しみとしてジャケットや音質面が主にあげられるが、レーベルデザインもまたその1つと言えるだろう。
この八角形のレーベルは所有するコレクションの中では唯一の存在。

2016/07/24(日) 15:40:00 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Terry Pollard

Terry Pollard
Terry PollardTerry Pollard

Terry Pollard
BETHLEHEM/BCP1015/USA/1955


Terry Pollard(p) Don Fagerquist(tp) ) Howard Roberts(g)
Herman Wright(b) Frank DeVito(dr)


Side1
Feddi
Autumn Serenade
Laura
Where Or When

Side2
Scrapple From The Apple
Emaline
The More I See You
Almost Like Being In Love

1931年デトロイト生まれの女流ピアニストTerry Pollardの唯一のリーダー作品。
リーダー作は唯一だが共演したジャズマメンは枚挙にいとまがない。
Bill Mitchel、Terry Gibbsを筆頭にColtrane, Parker, Miles, Chet、EllingtonやElla Fitzgerdなど、彼女が当時のジャズシーンでいかに重用され信頼されていたかを示すものだ。
従って、リーダー作が少ないからと言っても幻のピアニストというわけではない。
それはこの録音がLeonard Featherの推薦によってなされた事からも、実力を備えたピアニストだったことの証左となるだろう。
曲毎に力強さと繊細さを巧みに使い分け、Howard Robertsのギターがそれに上手く呼応する。それに若干呑まれている感のあるFagerquistが可笑しさを誘う。
最後は5人が一体となった躍動感のある演奏による締めは絶品。
捨て曲が無く、もっと聴いていたい気分にさせられる。

2016/04/24(日) 14:34:39 piano O-U トラックバック:0 コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。