A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Volker Kriegel

Volker Kriegel
Volker KriegelVolker Kriegel

With A Little Help From My Friends
LIBERTY/LBS83 065 I/Germany/1968


Volker Kriegel(g) Claudio Szenkar(vib) Gunter Lenz,Peter Trunk(b)
Cees See,Peter Baumeister(dr)


Side1
With A Little Help From My Friends
Blues For Instance
Norwegin Woods
Traffic Jam

Side2
Morandi
Na Na Imboro
Intepunctuation

1943年ドイツのダルムシュタット生まれ。
15歳でギターを始め18歳でトリオ結成。63年にこのトリオでアマチュア・ジャズフェスティバルに参加し最優秀賞を獲得する。
大学卒業後の66年にEmil Mangelsdorffのグループに加わり、初リーダー作の本作を68年に発表。
その後はDave Pike SetやロックバンドPassportに参加したり、自己のバンドSpectrumを結成し勢力的な活動を展開した。

Side1はトリオSide2はヴァイブの加わったカルテットによる演奏。
入手当時はSide1のトリオによるビートルズナンバー「With A Little Help From My Friends」と「Norwegian Wood」を好みとしていたが、暫く間を置き再視聴すると今度は12弦ギターとモード奏法を駆使した渾身のナンバー「Na Na Imbord」に魅せられた。
そして、最近はエキゾチックなナンバー「Morandi」に目が無い。
このように視聴する度に新たな発見、聴けば聴くほど味わいを覚えるアルバムというのが存在する。
これもそういう一枚。

スポンサーサイト
2012/04/27(金) 19:23:13 guitar トラックバック:0 コメント:0

Frankie Ortega

Frankie Ortega
Frankie OrtegaFrankie Ortega

At Dino's
WARNER BROS/W1385/USA/1959


Frankie Ortega(p) Unknown(b,dr)

Side1
The Blue room~You Must Have Been A Beautiful Baby~When Day Is Done~Dakrk Eyes~Mack The Knife

What's New

You And The Night And The Music~April In Paris~With A Song In My Heart

A Very Precious Love~The High And Mighty~Theme From A Summer Place

Crazy RhythmIf~ I Could Be With You~Hello Ma Baby~You're Getting To Be A Habit With Me~I Want To Be Happy

September In The Rain~Please Don't Talk About Me When I'm Gone~Too Marvelous For Words~Thou Swll

Bei Mir Bist Du Schoen~Ain't She Sweet~Oh Lady Be Good~Sweet Georgia Brown~You Do Something To Me

Side2
Love For Sale

Face To Face~Someone To Watch Over Me~Oh,But I Do~Tara's Theme

The Continental~In An Eighteen Century Drawing Room~Who Cars?~You Took Advantage Of Me~Bye Bye Blckbird

Fascinating Rhythm~Limehouse Blues~Liza~Swanee

What Is This Things Called Love~I Know That You Know~Mountain Greenery~'S Wonderful

Tea For Two

I Got Rhythm~ThreeLittle Words~Am I Blue~My Heart Stood Still~Sometimes I'm Happy

手持ち最後のFrankie Ortegaのアルバム。
「DINO'S」に於けるライブ録音。
副題に「50 Favorites Of The Hollywood Stars」とあるように収録曲が50曲もある。
50曲とはいってもその殆どがメドレー形式になっている為、その曲を知らなければどこで切り替わっっているのか分からず、置いてきぼりに陥る。
メドレー形式はやはりストレスを覚える。
ここからが盛り上がり所といった時に、或いはもう少し聴きたいと思ったところでフェードアウトするため、最後までもやもやした感情を抱いたまま終わりを迎えなければならない。
ライブ会場では良いのだろうが、スピーカーの前で聴き通すには些か辛いものがある。
それよりも辛かったのはここに曲目を打ち込む為にキーボードを叩いていた時だ。

2012/04/26(木) 19:25:50 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Frankie Ortega

Frankie Ortega
Frankie OrtegaFrankie Ortega

At The Embers
JUBILLE/JGM1112/USA/1958


Frnkie Ortega(p) Bert Hanson(b) Walter Sage(dr)

Side1
At The Embers
Lullaby Of The Leaves
How About You
That's All
Granda
Medley

Side2
Cumana
Autumn Leaves
Around The World In 80 Days
September Song
You Stepped Out Of A Dream
Taboo

Frankie OrtegaのJUBILEEレーベルからの第三弾。
「EMBERS」に於けるライブ録音。
これまで取り上げたJUBILEEの作品群の中では最もジャズ寄りだろう。
ただ、そうは言ってもそこはOrtega。スリルを求めてはいけない。
あくまでも、本来の華麗で優雅なピアノスタイルを堪能するアルバム。
ライブならではのリラックスした普段着の演奏。
聴衆の反応も上々で寛いだ雰囲気が窺える。

2012/04/25(水) 21:00:44 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Frankie Ortega

Frankie Ortega
Frankie OrtegaFrankie Ortega

Swingin' Abroad
JUBILEE/JLP1080/USA/1958


Frankie Ortea(p) Bert Hanson(b) Walter Sage(dr)

Side1
My Bonnie Lassie
C'est Si Bon
Take Me In Your Arms
The Third Man Theme
Strange Music
Sabre Dance
The Swedish Rhapsody

Side2
Sevilia
Summer Time In Venice
Amen E Core
The Gypsy
Anna
Swingin' Abroad

Frankie OrtegaのJUBILEEレーベルからの第二弾。
収録曲にも含まれている「Swingin' Abroad」のタイトルが示すように、フランス、ロシア、イギリス、ドイツ、オーストリア、ドイツ、イタリアなど誰もがどこかで耳にした事がある世界各国の有名曲をジャズ風にアレンジしたアルバム。
ジャズ風とはいってもそこはOrtega、得意のラテンを基調にした曲作りで自らの世界に惹き込む。
この人の鑑賞法はピアノそのものよりも、多彩な趣向を凝らしたアレンジを主体に楽しむ方が吉だろう。

2012/04/23(月) 21:55:44 piano O-U トラックバック:0 コメント:0

Frankie Ortega

Frankie Ortega
Frankie OrtegaFrankie Ortega

Twinkling Pinkes
JUBILEE/JLP1051/USA/1958


Fankie Ortega(p) Carl Tandberg(b) Walter Sage(dr)

Side1
Laura
I Lead A Charmed Life
My Yiddishe Momma
Poinciana
Invitation
Honeysuckle Rose

Side2
Let's Have A Jubilee
Yesterdays
Dizzyland
Lonely Time
Heaven In My Arms
Bull Fighters Song

前回取り上げた「The Piano Styling Of Frankie Ortega」でコンガが馴染んでいないとの感想を述べた。
続くこのアルバムに耳を通すとその感想の是非に関らず、この人の根底には主にCha-Chaを始めとするラテンのリズムが脈動し、そのスタイルを身上としている事に気付かされる。
ここではコンガに頼らず自身のピアノによってリズムを創りだしている。
Ortegaの繰り出すリズムは目まぐるしく変化、躍動し、その手に掛ればお馴染みのスタンダードさえあっという間にラテン調スタンダードが出来上がる。
コンガに頼らずともこのトリオだけで完成されている。
かと思えばエネルギッシュな「Yesterday」を披露したり、一風変わったオリジナルの「DizzyLand」、ブルージーな魅力を放つ「Lonely Time」など変幻自在にピアノを操る。
多彩な表現を用いて、どこに本流があるのか分からなくなりそうな程バラエティー豊かな作風に仕上げている。

2012/04/22(日) 08:00:00 piano O-U トラックバック:0 コメント:0
次のページ