A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Rudolf Dasek

Rudolf Dasek
Rudolf DasekRudolf Dasek

Jazz On Six Strings
SUPRAPHON/1 15 0843/Czech/1970


Rudolf Dasek (g) Vincenc Kummer (b) Ivan Smazik (dr)
Lubos Nyvlt (el-b)


Side1
Angel eyes
It might as well be spring
Fairytle for Beritka
Fashank II

Side2
Bewitched
One, two, free....
Stella by starlight
Blue note
Blow!

Rudolf Dasekは1933年チェコ=スロバキアのプラハ生まれのギタリスト。
経歴としてはプラハの音大時代の64年のGeorge Mrazとのトリオの結成や、ヴァイブ奏者Karel Verlebny率いるチェコの先進的グループ「SHQ」のゲストソリストとしての活動がある。
68年から70年まではベルリンの「ブルー・ノート・クラブ」のハウスバンドとしても活躍している。
丁度その頃に録音されたのがこのアルバムだ。
また、真偽の程は不明だが、本盤はチェコ初のギタリストによるリーダー作と言われている。
このジャケットに象徴されるような、透明感と東欧的な翳りを含んだDasekの音色が魅力だ。
それを最大限に引き出す「Angel Eyes」を冒頭に持ってきたセンスに脱帽。
次曲「It might as well be spring」と言えばIke QuebecのBLUE NOTE盤に代表されるようなスローテンポをモチーフにするところを、逆に軽妙で躍動するリズムを用いて新たな息吹を与えているところも秀逸。
この2曲で心を掴まれたら、後はDasekワールドに身を預けるだけだ。

スポンサーサイト
2014/06/28(土) 23:55:39 guitar トラックバック:0 コメント:2

Marty Heim

Marty Heim
Marty HeimMarty Heim

My Name Is Marty Heim And I Play The Piano
AY-EM/LV1001/USA/60's


Marty Heim(p) Jorge Valadez(b) Bob Groya(dr)

Side1
I Hear Music
Moonglow
Playmate
Love Is Here To Stay
Spaghetti Rag
Like Out

Side2
Cheek To Cheek
Days Of Wine And Roses
Green Dolphin Street
Baby Elephant Walk
Softly,As In A Morniing Sunrise
Exodus

Marty Heimは50年代から主にラスベガスのホテルで活躍していたピアニストのようだ。
平たく言えばラウンジピアニストという事だろう。
だから、身構えて聴くのではなく、聴くとなしに聴き、時々ハッとするようなフレーズが出たときに意識を集中させる。
そういう楽しみ方が正解だ。

2014/06/21(土) 23:26:31 piano H-N トラックバック:0 コメント:0

Mark Davidson

Mark Davidson
Mark DavidsonMark Davidson

Straight Ahead
No Label/No Number/USA/60's


Mark Davidson(p) Jack Prather(b) Jack Lynde(dr)

Side1
Sunny
Norwegian Wood
Go Away Little Girl
Very Good Year

Side2
Goin' Out Of My Head
Autumn Leaves
Winchester Cathedral
Here's That Rainy Day
Without A Song
(Reprise)

今日は日本中で…は言い過ぎだろうが、少なくともサッカーファンには鬱屈した気分が蔓延している事だろう。
そんな時にお勧めなのがこのアルバム。
ノーレーベルのド・マイナー・ピアノトリオだ。
ライブ感は殆ど感じられないが、実況録音のようだ。
冒頭「Sunny」から始まり、ハイテンポの「Autumn Leaves」を挟み、各曲のハイライトをアンコールした最終曲「Reprise」まで、一気に駆け抜けるような展開は実に爽快だ。
特に「Very Good Year」から「Goin' Out Of My Head」に於ける3人のがむしゃらで突き抜けるような、正に「Straight Ahead」な響きは、今日のフラストレーションをきれいに吹き払ってしまうはずだ。

2014/06/20(金) 21:54:36 piano A-G トラックバック:0 コメント:0

Dieter Reith

Dieter Reith
Dieter ReithDieter Reith

A Happy Afternoon
SABA/SB15127ST/German/1966


Dieter Reith(p) Peter Witte(b) Charly Antolini(dr)

Side1
A Happy Afternoon
Days Of Wine And Roses
Blues
On Green Dolphin Street

Side2
Wives And Lovers
Just In Time
Fly Me To The Moon
How About A Blues

1938年ドイツのマインツ生まれのピアニスト。
ただ、オルガニスト、アレンジャーとしての作品の方が多いため、一般的にはその方面での知名度が高い人なのだろう。
それでも、このアルバムをReithの代表作として挙げる人も多く、同時に高評価も与えられている。
一昔前は結構な高額レア盤だったが、再発されたおかげかひと時よりは随分落ち着いたものになった。
下落の要因は近年のヨーロッパ盤にありがちな傾向、つまり再発され内容が知られると価格分の価値はないと看做されてしまうのとは違うように感じる。
単純に流通の発達やネットの普及により、入手し易くなったからだと信じたい。
と言うのも、録音から50年近く経過しても、このスリリングで瑞々しく生々しいサウンドは、今でも色褪せない新鮮さと衰えない価値を保っていると思えるからだ。
古くて新しいという形容に相応しい作品。

2014/06/01(日) 21:19:12 piano O-U トラックバック:0 コメント:0