A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

The Young Moderns

The Young Moderns
The Young ModernsThe Young Moderns

The Young Moderns
BATON/BL1204/USA/1956


Dave Hildinger(p,arr) Ed Mattson(tp) Norm Marnell(ts)
Billy Stanley(b,tuba) Ed Thigpen(dr)


Side1
Penrod
Tom Swift
Lazy Afternoon
Blurb
Play Street

Side2
The Switch
Mister Snow
Two Sleepy People
It's You Or No One For Me

不遇の典型と思われるのがこの手のアルバムだろう。
何しろ大名盤が数多く排出された56年という時点で分が悪い。
Burt Goldblattのジャケットも地味だ。
こじんまりとした印象は拭えないが、後にBilly TaylorやOscar Petersonのトリオで名を馳せるEd Thigpenを始めとするフレッシュなメンバーの勢いのある演奏は悪くない。
ハードバップ隆盛の間隙に生まれた箱庭的なモダンジャズ。
時代の波にかき消され、忘れ去られてしまった記録の一つ。

スポンサーサイト
2014/10/12(日) 23:00:00 others トラックバック:0 コメント:0

Bob Dubbs

Bob Dubbs
Bob DubbsBob Dubbs

2 More Sides Of Bob Dubbs At The Piano
Bob Dubbs/81152/USA/60's


Bob Dubs(p) Bob Sikora(b) Bob Valyo(dr)
Bud Wattles(vib) Bobby Bryan(d)


Side1
So What's New
Elvira
Meditation
It Must Be Him
Daydream
Pretty Polly

Side2
Wave
I'm So Glad That Birds Can Fly
Corcovado
A Handful Of Stars
Stop The World I'm Gettin' Off
By The Time I Get To Phoenix

前作の続きになるBob Dubbsの2枚目のアルバム。
従ってメンバー、プレイスタイルとも変化はない。
違う点はBob Dubbsのオリジナル曲「I'm So Glad That Birds Can Fly」と「Stop The World I'm Gettin' Off」にBobby Bryanボーカルを迎えたところ。
しかし、これが功を奏しているようには思えないのが残念。
折角の自作曲。そこはDubbsのピアノ主体で聞きたかった。

2014/10/05(日) 17:25:52 piano A-G トラックバック:0 コメント:0