A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Jaques Pelzer

Jaque Pelzer
Jaques PelzerJaques Pelzer

Jaques Pelzer Qartet Featuring Dino Piana
CETRA/LPP.6/Italy/1961


Jacques Pelzer(as, fl) Maurizio Lama(p) Benoit Quersin(b) Franco Mondini(dr)
Dino Piana(tb)


Side1
Day By Day
Baby
Striclly Romantic
Work Song
It Might As Well Be Spring

Side2
I didn't know what time it was
Minority
Just One Of Those Things
I Should Care
Stork Blues

良い状態のレコードを一度で入手する事は誰しもが望むことだろう。
だが、これが中々容易ではない。
良くある例が盤は綺麗なのに、ジャケットに瑕疵がある。逆にジャケットは美麗なのに盤に瑕疵がある。
両方とも美品の完品が出て来るまで辛抱強く待っているのが最善なの事は承知なのだが、そういう状態のレコードは誰しも狙っているし、仮に出て来た所でその時に自分の手元に収まる保証は一切ない。
だから、仕方なくどちらか一方が良い状態のものを入手し、また別の機会にもう一方の穴埋めをし美品の完品を目指すという二度手間、二度買いを強いられる。
ただ、これはプレス枚数の多いものならばかなり有効な方法になるが、このアルバムのようなレア盤になると一筋縄ではいかない。
ジャケットが美品で盤はズタボロ、盤は美品でジャケットはズタボロなんて例は皆無で、ジャケットが美品なら盤はそこそこ。盤がピカピカならジャケットもそこそこ、或いは両方ズタボロということが実感として多い気がする。
しかも、この手のアルバムはどちらかに瑕疵があっても極端に価格が下がることなく、そこそこの価格で買う羽目になる。
これは特にペラペラのジャケットで傷みやすく、白地にヤケが出ているものが殆どで、ジャケットの良いものを手にするのに難儀した。
結局、納得出来る状態の完品にするまで、かなりの出費をした記憶がある。
恐らく、ジャケット、盤が美品の一枚分より費やしているはずで、いつもその行為の正当性に自問自答を繰り返し、忸怩たる思いになる。

それはさておき、ジャズ、否、音楽をまともに聴くことからも暫く遠ざかっていたうえに、毎日茹だるような暑さが続くなかで、久しぶりに耳にしたPelzerの瑞々しく艶やかなアルトは一種の清涼剤になった。

スポンサーサイト
2017/08/06(日) 06:00:39 altosax トラックバック:0 コメント:0