A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Jorge Lopez Ruiz

Jorge Lopez Ruiz
Jorge Lopez RuizJorge Lopez Ruiz

Exitos Por LOS 4 DEL SUR
RCA/AVL-3375/60's?


Jorge Lopez Ruiz(b) Buby Lavecchia(p) Pichi Mazzei(dr)
Tito Bissio(vib)


Side1
Llorando Me Dormi
Haciendo El Amor
Son Rumores
Luna De Miel En La Luna
Cara De Payaso
Moliendo Cafe

Side2
Tengo Una Esperancita
Dos Caras Tiene La Luna
El Reloi
Mi Corazon Pertenece A Papito
12 Meses De Amor
Novelera

今回Jorge Lopez Ruizのアルバム群を再視聴していく過程で「オッ!」と感嘆の声をあげてしまった。
というのも、いつ、どこで、いくらで手にしたのか、さらには内容自体も全く記憶に残っていなかったため、自分の持ち物にも拘わらず初見盤を発見した時のような高揚した気持になったからだ。
メンバーリストにJorge Lopez Ruizの名を見掛けて手を出したのだろうという事は想像できた。
しかも今回改めてメンバーリストに目を通すと、『B.A.Jazz』、『Interpreta A JLR』に参加していたBuby Lavecchiaと Pichi Mazzeiの名が。
いやが上にも期待が高まると同時に不安も募る。
この面子をもって記憶に残っていない事があるのだろうかと。
おそるおそる針を乗せると…うん、やはり純ジャズではなかった。
軽いノリのムード、ダンスミュージック集といったところ。
それでも、『B.A.Jazz』、『Interpreta A JLR』で素晴らしい演奏を残してくれたメンバーには違いない。
敬意を表してこれも掲載させてもらおう。

スポンサーサイト
2017/09/10(日) 17:00:00 bass トラックバック:0 コメント:0

Jorge Lopez Ruiz

Jorge Lopez Ruiz
Jorge Lopez RuizJorge Lopez Ruiz

Interpreta A JLR
TOROVA/TL3/Argentine/1966


Jorge Lopez Ruiz(b) Ruben Barribieri(tp) Marito Cosentino(as)
Bubby Lavecchia(p) Pichi Mazzei(dr)


Side1
Presencia (Bebe Eguia in Memorian)
Pablo
Oda para mi nina (Ode For My Baby)
Linea para una película (Movie Line)

Side2
El dia de la carrera (The Race Day)
Jota Ese (J. S.)
Marietta
Amigo Bud (Bud Friend)

ジャケットが地味なせいもあるのだろうか。
『B.A.Jazz』の陰に隠れてしまい、語られる事のないアルバム。
しかし、なかなかどうして。
重量感のあるベースは存在感を放ち、切れのあるトランペットと躍動感のあるアルトが息の合ったアンサンブルを聴かせる。
ピアノもドラムも見せ場を作り、各人の個性、心意気が凝縮された演奏集に仕上がっている。
『B.A.Jazz』に比肩する優れた作品ではないだろうか。

2017/09/09(土) 21:55:16 bass トラックバック:0 コメント:0

Jorge Lopez Ruiz

Jorge Lopez Ruiz
Jorge Lopez RuizJorge Lopez Ruiz

B.A. Jazz
VIK/LZ1079/Argentine/1961


Jorge Lopez Ruiz(b) Leandro Gato Barbieri(ts) Roberto Fernandez(tp)
Ruben Lopez Furst(p) Pichi Mazzei(dr)


Side1
Pablo
Tema Para Gatofon
Like Sonny
Hiroshima
Berklee Waltz
Michele

Side2
Siento Algo
Gizela
Village Blues
Summertime
Trauma
Vicky

前回紹介したHoracio "Chivo" Borraroのアルバムは名盤だと思う。
ただ、そこに「アルゼンチンを代表する」という前置きが付くと、本作でもピアニストを務めるFurstの2枚(過去に紹介済)のアルバムとこのアルバムを個人的には挙げてしまうだろう。
毎週のように開催される大手中古店の廃盤セール。よくもこれだけ集められるなと感心する。今年に入ってからもアメリカやヨーロッパの超大物盤、レア盤が立て続けにセールされていく中で、本盤に関しては過去にリストアップされたことがあったのかも不明なほど見掛けた記憶がない。
今はどうなったのか知らないが、数年前その大手中古店が発行した買取リストに掲載された買取価格がミントコンディションで25000円だった記憶がある。
ただでさえ瑕疵が発生しやすい南米盤。ものがあるだけでも有り難いのに、そのうえミントコンディションを求めるとなると奇跡に近いものを感じる。
にも拘わらず買取価格がそれでは持っている人は絶対に手放さないだろう。ましてミント盤所有者ならその4倍の買取価格でも躊躇しても何ら不思議ではない。
勿論、そんな高額の出費をしなくても今では安価な再発盤もあるうえに、動画サイトでも視聴可能になっっている。多くの人の耳に触れられる機会が増えた事は素直に嬉しい。
もう少し長尺ナンバーでまとまっていればと思うが、それでもアルゼンチンジャズの魅力が凝縮された1枚には違いない。
インパクトのあるジャケットも魅力的だ。

2017/09/05(火) 20:45:27 bass トラックバック:0 コメント:0

Horacio "Chivo" Borraro

Horacio
Horacio Horacio

El Nuevo Sonido Del "Chivo" Borraro
MICROFON/I-107/Argentine/1966


Horacio "Chivo" Borraro(ts) Fernando Gelbard(p) Alfred Remus(b)
Eduardo Casalla(dr)


Side1
Charlie's Blues
La Paz
Half And Half

Side2
Summertime
Polka Dots and Moon Beames

久しぶりに南米のジャズでも。
1925年ブエノスアイレスに生まれた南米のコルトレーンの異名を持つサックス奏者Horacio Borraroのおそらく初リーダー作。
オリジナルの2曲にお馴染のスタンダード、Elvin Jones-Jimmy Garrison双頭コンボで有名な「Half And Half」そのどこを切り取っても力強く素晴らしい。
当然サイドメンのFernando Gelbardはもとより、焚付けるようなドラミングのEduardo Casallaと過去にリーダー作を取り上げた事のあるAlfred Remusの唸るベースのバックアップも素晴らしい。
そして「闘志」とも言い表したいような漲る力をサックスに乗せたBorraroのプレイにゾクゾクさせられる。

2017/09/04(月) 13:25:39 tenorsax トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。