FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Errol Buddle

Errol Buddle
Errol BuddleErrol Buddle

The Wind
HMV/OELP9212/Australia/1962


Errol Buddle(ts,brs,as,bassoon,oboe) Judy Bailey(p)
Lyn Christie(b) Len Young(dr)


Side1
Opus De Funk
Gone With The Wind
Love Is A Simple Thing
In Vino Veritas

Side2
Sister Salvation
The Wind
Morris The Minor

さらにオーストラリア盤から。
1928年生まれ。40年代から活躍するマルチリード奏者のErrol Buddleはオーストラリアジャズの歴史から外せない存在。
かのAJQことAustralian Jazz Quartetのメンバーとして名を馳せた人でもある。
と言っても、自身がそのAJQのジャズがあまり好みでは無い為、Buddleの演奏に殆ど触れる機会がなかった。
その点これはワンホーンカルテットで聴きやすい。
そしてJudy Baileyの参加も嬉しい。
曲ごとに、或は曲中に楽器を持ち替えながら、実験的な要素も加味しつつ気持ち良く吹ききっている。
オーストラリアン・ハードバップを楽しめる1枚。
そしてAJQが苦手だけどBuddleを知りたい人にも最適なアルバム。

スポンサーサイト
2016/06/20(月) 23:00:44 tenorsax トラックバック:0 コメント:0
<<The Three Out | ホーム | Brian Brown>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/622-e23db49a