FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Bryce Rohde

Bryce Rohde
Bryce RohdeBryce Rohde

Straight Ahead !
CBS CORONET/KLLS1741/Australia/1962


Bryce Rohde(p) Frank Phipps(b-tp) Dick Knudson(b)
Colin bailey(dr)


Side1
How Many Thunders Do You Need ?
Pickled Piper
Millstream

Side2
Better Than Anything
Opus Five
Lydia
Woolloomooloo

相変わらずオーストラリア盤を。
そして引き続きBryce Rohdeのリーダー作を紹介。
本盤をRohdeの代表作と見做しても良いだろう。
7曲中6曲をRihde自身のオリジナルで固め、前作『In Concert」』は異なるアプローチを試みた意欲作。
アルバム上ではここが転換期になっている。AJQを経て『In Concert』までの流れから逸し、独自の世界観を確立したかのようだ。
これまで取り上げた同郷のJudy BaileyやErrol Budle、The Three Outらとも一線を画している。
ゴリゴリと力で押し切る所謂「Straight Ahead」なタイプというよりも、抑制された美意識が隅々まで行き渡っているような演奏。

スポンサーサイト
2016/07/30(土) 23:45:47 piano O-U トラックバック:0 コメント:0
<<Bryce Rohde | ホーム | Bryce Rohde>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/627-bb9059ac