FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Don Burrows

s_IMG_2528.jpg
Don BurrowsDon Burrows

On Camera
COLMBIA/SCXO-7692/Australia/1963


Don Burrows(as,brs,cl,fl)Errol Buddle(ts,cl,oboe,bassoon) Johnny Bamford(tb)
Judy Bailey(p,celeste,glockenspiel) George Thompson(b) John Sangster(dr)
George Golla(g)


Side1
Porgy & Bess Medley
The Wailing Walz
Moon River
Fascinatin' Rythm
Carousel Medley
In A Mellotone

Side2
Nutcracker Suite
Begin The Beguine
Little Girl Blue
The Wombat
Golden Wedding
Thou Swell

もう少しだけ続くオーストラリアジャズの紹介。
今回は1928年シドニー生まれのマルチリード奏者Don Burrowsのリーダーアルバムから。
62年から始まった「The Bryan Davies Show」というTV用のプログラムの録音のようだ。
その為か収録曲が多い分、1曲あたりの時間が短い。
それでもその短時間の中に充実した演奏を凝縮させている。
メンバーにもう一人のリード奏者Errol Buddleとトロンボーン奏者Johnny Bamfordを迎えフロントに厚みを持たせている。
そしてお馴染のJudy BaileyにGeroge Gollaと錚々たる面子と言えるリズムセクションを配している。
個々のソロを楽しむというより、趣向を凝らしたアンサンブルを楽しむ内容だ。
冒頭の「Titles Theme」から期待を窺わせる。
13曲中7曲をBurrwosがアレンジを施していて、その辺りも聴き所となっている。

スポンサーサイト
2016/08/06(土) 22:25:05 others トラックバック:0 コメント:0
<<Don Burrows | ホーム | Bryce Rohde>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/629-ac7a9be3