A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Phil Urso

Phil Urso
Phil UrsoPhil Urso


Sentimental Journey
REGENT/MG-6003/USA/1954-56


Phil Urso(ts) Bob Banks(org) Rodney "Red" Alcott(dr)

Side1
Moonlight Serenade
Diane
A Woman In Love
11th Hour Melody
Nothing Ever Changes My Love for You

Side2
Memories of You
They Can’t Take That Away from Me
Blues to Remember Her By
My Heart Tells Me
Sentimental Journey

Phil Ursoのもう一枚のリーダーアルバム。
ライナーのクレジットではオルガンのBob Banksとのデュオになっているが、曲によってドラマーが加わったトリオも収められている。
今回のセッションは前作『Philosophy Of Urso』に収められていたオルガン・デュオの同日録音が含まれている。
Regentレーベルは設立者のFred Mendelsohnのパートナーが原盤の権利をSavoyのオーナーに売却している為、RegentオリジナルがSavoyレーベルで再発されるといった密接な(?)関わりを持つ。
その点から察するに、本盤はこれがオリジナルとなるので、ここで収録しきれなかったセッションをSavoy盤『Philosophy Of Urso』の方に収めたという見方で良いだろう。

私の居住域は雪が降る事が滅多になく、はっきりと積もったと胸を張って言える記憶があるのは30年以上も前の事だと思う。
当然、ジャケットのような雪景色とは無縁だが、今は全国各地でこういった風景が広がっていることだろう。
目の覚めるフレーズや鋭いパッセージが飛び出す内容ではない。
肩の力を抜いて、リラックスしてムーディーな雰囲気に酔いしれるのが正解。
部屋を暖かくして、こういう景色を眺めながら聴くのに最適なアルバム。

スポンサーサイト
2017/01/22(日) 16:00:00 tenorsax トラックバック:0 コメント:2
<<Bill Stack | ホーム | Phil Urso>>

コメント

このジャケットも良いですね~
以前、紹介してもらったジュデイ・ベイリーのあなたと夜と音楽もジャケットが気に入り、内容はともかく店内に飾っております。
秋田も今、この景色です。
  1. 2017/01/24(火) 22:00:56 |
  2. URL |
  3. ジャズカフェモーニン #qsvP4ThM
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

モーニンさん、こんばんは。

30cm四方に描かれた世界はレコードのみが持つ最大の魅力かもしれません。
もっと多くの魅力溢れるジャケットを紹介したいのですが、ここはあくまでマイナー盤の範疇の中でという制約がありますので、自分でやっておきながらもどかしさを感じるという、矛盾した感覚があります。

やはり東北は今まさにこの景色が広がっているのですね。
温暖な地域で育った私には耐えられないでしょう。ジャケットのように眺めるだけが精一杯です。
  1. 2017/01/27(金) 21:09:00 |
  2. URL |
  3. 迦陵頻伽 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/641-ba90c370
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。