A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Flavio Ambrosetti

Flavio Ambrosetti
Flavio AmbrosettiFlavio Ambrosetti
Flavio AmbrosettiFlavio Ambrosetti

Jazz Stars
Dire/FO334/Italy/1967


Flavio Ambrosetti(as) Franco Ambrosetti(tp) George Gruntz(p)
Gilbert “Bibi” Rovere, Guy Pedersen(b) Daniel Humair(dr)


Side1
Our Suite Dig
Cheops
Dig O Dad

Side2
Sunday Walk
Sankutsu Mood
Capricci Cavalleschi

前回取り上げたトランぺッターFranco Amborosettiの父親でアルト奏者のFlavioのリーダー作且つ親子共演盤。
40-60年代に於ける兄弟共演盤は多く存在するが、親子共演となると珍しいのではないだろうか。
勿論私の知識不足は否めないが、直ぐに思い出せるアルバムがない。
そのFlavioは1919年生まれのイタリア系スイス人。40年代から活躍するベテラン。
40〜50年代はオーソドックスなスタイルを信条としていたようだが、時代の潮流に乗るかのように徐々にそのスタイルを変化させていった。
ここでも若いジャズメン相手に一歩も引けを取らない、恰も丁々発止のやり取りをするかのようなアグレッシブなスタイルを披露している。
息子の前に立ちはだかる大きな壁の如く、その衰えを見せない力強い姿勢に脱帽。
アルバム後半に差し挟まれるバラードがお互いの健闘を讃え合う親子の会話のように感じられて微笑ましい。

スポンサーサイト
2017/03/16(木) 21:29:28 altosax トラックバック:0 コメント:0
<<Nunzio Rotondo | ホーム | Franco Ambrosetti >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/660-4cb95fcb