A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Nunzio Rotondo

Nunzio Rotondo
Nunzio RotondoNunzio Rotondo

Nunzio Rotondo Vol.1
COLMBIA/CPSQ542/Italy/1952-53



Side1-1,2,3,4,5,6 Side2-1,2
Nunzio Rotondo(tp) Frsancesco Raffaeli(as) Ettore Crisostomi(p)
Calro Loffredo(b) Gil Cuppini(dr) Calro Pes(g)


Side2-3,4,5,6
Nunzio Rotondo,Gino Marinacci(tp) Aurelio Ciarallo(b-cl)
Franco De Masi(horn) Vittorio Paltrinieri(org) Tonino Ferrelli(b)
Gil Cuppini(dr)


Side2-7
Nunzio Rotondo(tp) Aurelio Ciarallo(b-cl) Vittorio Paltrinieri(p)
Tonino Ferrelli(b) Gil Cuppini(dr)


Side1
Move
There's A Small Hotel
Quartet
These Coolish Things
Stelle Filanti
You Go To My Head

Side2
Pol City
Embraceable You
Cool Please
Obsession In E Flat
Cool Feeling
Music For Nobody
Fine And Dandy

少し前にイタリアで活躍したトランぺッターFranco Ambrosettiを取り上げた。
今回はそのFrancoよりも、もっと言えばOscar Valdambriniよりも前からキャリアがあるトランペッターがNunzio Rotondoだ。
ただそのキャリアの割にはリーダー作が少なく、このようなライブラリーものはオーディオ的な快楽は少ないが初期の演奏に触れられる点では重宝する。
翳りのない明るくふくよかで屈託のないスタイルが親しみやすい。
選曲もスタンダード中心で聴きやすい。

スポンサーサイト
2017/04/09(日) 15:19:08 trumpet トラックバック:0 コメント:0
<<Nunzio Rotondo | ホーム | Flavio Ambrosetti>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/661-bcc2de9c