A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Nunzio Rotondo

Nunzio Rotondo
Nunzio RotondoNunzio Rotondo

Nunzio Rotondo Vol.2
COLMBIA/CPSQ543/Italy/1953-54



Side1-1,2,3,4
strong>Nunzio Rotondo(tp) Aurelio Ciarallo(b-cl) Vittorio Paltrinieri(p,org)
Tonino Ferrelli(b) Gil Cuppini(dr) Calro Pes(g)


Side1-5,6 Side2-1,2,3,5,6
Nunzio Rotondo(tp) Romano Mussolini(p) Roberto Nicolosi(b)
Gil Cuppini(dr)


Sidd2-4
Nunzio Rotondo(tp) Giancarlo Barigozzi(brs) Romano Mussolini(p)
Roberto Nicolosi(b) Gil Cuppini(dr)


Side1
'S wonderful
Sweet Georgia Brown
Yellow River Blues
How high The Moon
Blue Moon
Even Days Blues

Side2
Oh, Lady Be Good
Strike Up The Band
Night And Day
Somebody Loves Me
What Is This Thing Called love
Honeysuckle Rose

Rotondoのライブラリーものの第2集。
メンバーは変わるが、こちらもやはりスタンダード中心でRotondoのスタイルにも変化はない。
個人的に好きなスタンダードが多く含まれている分、こちらの方がやや好み。
それにしても不便、不親切な事にVol1のライナーにVol2の録音データやメンバーの記載があり、逆にVol2にVol1の録音、メンバーのデータがある。
両方揃えないと詳細が分からなくしてあるのは、当時は完全セット販売されたという事なのか、或は単に商魂逞しいだけなのか…抱き合わせ商法とは異なるがもやもやした気持ちは残る。

スポンサーサイト
2017/04/10(月) 19:00:36 trumpet トラックバック:0 コメント:0
<<Nuntio Rotondo | ホーム | Nunzio Rotondo>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/662-1e350725