A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Jorge Lopez Ruiz

Jorge Lopez Ruiz
Jorge Lopez RuizJorge Lopez Ruiz

Interpreta A JLR
TOROVA/TL3/Argentine/1966


Jorge Lopez Ruiz(b) Ruben Barribieri(tp) Marito Cosentino(as)
Bubby Lavecchia(p) Pichi Mazzei(dr)


Side1
Presencia (Bebe Eguia in Memorian)
Pablo
Oda para mi nina (Ode For My Baby)
Linea para una película (Movie Line)

Side2
El dia de la carrera (The Race Day)
Jota Ese (J. S.)
Marietta
Amigo Bud (Bud Friend)

ジャケットが地味なせいもあるのだろうか。
『B.A.Jazz』の陰に隠れてしまい、語られる事のないアルバム。
しかし、なかなかどうして。
重量感のあるベースは存在感を放ち、切れのあるトランペットと躍動感のあるアルトが息の合ったアンサンブルを聴かせる。
ピアノもドラムも見せ場を作り、各人の個性、心意気が凝縮された演奏集に仕上がっている。
『B.A.Jazz』に比肩する優れた作品ではないだろうか。

スポンサーサイト
2017/09/09(土) 21:55:16 bass トラックバック:0 コメント:0
<<Jorge Lopez Ruiz | ホーム | Jorge Lopez Ruiz>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/679-055a41e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。