A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Jorge Lopez Ruiz

Jorge Lopez Ruiz
Jorge Lopez RuizJorge Lopez Ruiz

Exitos Por LOS 4 DEL SUR
RCA/AVL-3375/60's?


Jorge Lopez Ruiz(b) Buby Lavecchia(p) Pichi Mazzei(dr)
Tito Bissio(vib)


Side1
Llorando Me Dormi
Haciendo El Amor
Son Rumores
Luna De Miel En La Luna
Cara De Payaso
Moliendo Cafe

Side2
Tengo Una Esperancita
Dos Caras Tiene La Luna
El Reloi
Mi Corazon Pertenece A Papito
12 Meses De Amor
Novelera

今回Jorge Lopez Ruizのアルバム群を再視聴していく過程で「オッ!」と感嘆の声をあげてしまった。
というのも、いつ、どこで、いくらで手にしたのか、さらには内容自体も全く記憶に残っていなかったため、自分の持ち物にも拘わらず初見盤を発見した時のような高揚した気持になったからだ。
メンバーリストにJorge Lopez Ruizの名を見掛けて手を出したのだろうという事は想像できた。
しかも今回改めてメンバーリストに目を通すと、『B.A.Jazz』、『Interpreta A JLR』に参加していたBuby Lavecchiaと Pichi Mazzeiの名が。
いやが上にも期待が高まると同時に不安も募る。
この面子をもって記憶に残っていない事があるのだろうかと。
おそるおそる針を乗せると…うん、やはり純ジャズではなかった。
軽いノリのムード、ダンスミュージック集といったところ。
それでも、『B.A.Jazz』、『Interpreta A JLR』で素晴らしい演奏を残してくれたメンバーには違いない。
敬意を表してこれも掲載させてもらおう。

スポンサーサイト
2017/09/10(日) 17:00:00 bass トラックバック:0 コメント:0
<<Brazilian Jazz Quartet | ホーム | Jorge Lopez Ruiz>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/680-c53d00e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。