FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Hector Costita

Hector Costita
Hector CostitaHector Costita

Impacto
FERMATA/FB-97/Brazil/1964


Hector Costita(ts,fl) Maguinho D'Alacantara(tp) Bendito Pereira Dos Santos(tb)
Luiz Mello(p) Sebastiao Neto,Manoel Luiz Vianna(b) Flavio Russo(cello)
Edison Machado,Rezala jose Turquinho(dr) Elias Slon(vln)


Side1
Le Roi
Insensatez
Ela E Carioca
Vivo Sonhando
Tokio

Side2
Impacto
Tanganica
Gabriela
Primavera
Tem Do

引き続きブラジル盤の紹介となる。
本作のリーダーHector Costitaは主にブラジルで活躍し名を馳せたサックス奏者だが、生まれはアルゼンチンのブエノスアイレスとなっている。
流石にこの時代となると先に取り上げたBrazilian Jazz Quartetのような純粋ハードバップとはいかず、ジャズサンバ、ジャズボッサの潮流とは無縁ではいられない。
それでも当時の作品群の中ではハードバップ色が濃いアルバムと言えるだろう。
3管をフロントに据えた厚みのあるアンサンブルからは「Brazilian Jazz Messengers」とも言い表したいような感覚を覚える。
このアルバムならば、本場アメリカのジャズと比較しても何ら遜色は無く、掛け値なしの素晴らしい演奏だ、と胸を張って言えるだろう。

スポンサーサイト
2017/10/24(火) 22:49:44 tenorsax トラックバック:0 コメント:0
<<John Chowning | ホーム | Brazilian Jazz Quartet>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/683-ab1d8298