FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Teddy Charles

Teddy Charles
Teddy CharlesTeddy Charles

On Campus
BETHLEHEM/BCP6044/USA/1959


Teddy Charles(vib) Zoot Sims(ts) Sam Most(fl) Jimmy Rayney(g)
Dave McKenna(p) Bill Crow(b) Ed Shaughnessy(dr)


Side1
Rifftide
Too Close For Comfort
These Foolish Things
Struttin' With Some Barbecue
Yesterdays

Side2
Yale Blue
Whiffenpoof Song
That Old Black Magic
Nigerian Walk

久しぶりに「Animal Cover」の更新をふと思い立ち、取り出したのが「犬」ジャケのこの1枚。
ジャズのライブには誘いや付き合いが無ければ、自ら進んで出掛ける事は皆無になってしまった。
最後に進んで足を運んだのはSonny RollinsかDusko Gojkovicだったと思う。
その動機は極めてミーハー的なものだった。
Rollinsはもう年だし、次にいつ来日できるかわからないから見ておこうという程度のものだったし、Gojikovicは小さいライブハウスが会場で運よく目の前の座席を確保できたため、レコードでしか知らない動くGojikovicはどんな感じなのだろうといった記念鑑賞的なライブ参加だった。
そこには、これまでレコードで耳にしてきた演奏に匹敵、或は凌駕するようなものを期待してはいなかった。
ジャズの楽しみ方は人それぞれだと承知している。
ライブは演奏内容だけではなく、その場の雰囲気や熱気を含めて楽しみ、それもジャズの一部だという事も理解している。
ジャズは進化し生きている音楽なんだから、過去に記録されたものだけを聴いていても本質を理解したことにも、そのジャズメンを分かったことにはならない、という意見がある事も知っている。
ジャズはアドリブなんだ。だから昨日と、今日ではまた違うものだからライブにこそ意味があるという考え方も最もだとも思う。
それを踏まえたうえで敢えて批判を覚悟で言うならば、自分自身の経験に限ってはライブの感動よりレコードで聴くジャズの感動の方が遥かに上回ってしまっている。
自分のライブ経験は乏しいと自覚している。だから、ライブに多く出掛けライブをジャズライフと考えている人からすれば、大した経験もないのにものを言うな、となるだろう。
でも、突き詰めていくと自分が長く本当に聴き続けていきたいのは大きなカテゴリーとしての「ジャズ」ではなく、それは例えばGetzのジャズやPepperのジャズ、PowllやMonkといった人たちのジャズなのだろう。
でも、残念ながら彼らはここにはもういない。だから記録されたものに頼るしかない。

さて、本作のリーダーのTeddy Charlesはリーダー作、サイドメンとしての参加やプロデュース作は多く残されているが、不人気で敬遠されがちな存在だ。
その原因としてAtlantic盤に代表されるような重苦しく、おどろおどろしいジャケットイメージと「実験的」「革新的」とった気難しい言葉が先入観として付きまとうからではないだろうか。
しかし、ここではどうだろう。そんな先入観を払拭させるかのように一心不乱にストレートにスウィングしている。
全員がノリノリで本当に楽しそうだ。
冒頭の話に戻れば、こんなコンサート、ライブなら喜んで行きたいものだ。
仮にこんな面子のこんなライブがいつも身近に聴くことができる環境があったならば、レコードなんて1枚もいらないのかもしれない。

スポンサーサイト
2018/02/04(日) 00:51:42 Animal Cover トラックバック:0 コメント:2
<<Alex Johns | ホーム | Various Artists>>

コメント

楽しみにしております。ライブと旧レコードの比較、同じ思いで過ごしております。例えば、鮭が故郷の川に戻るのと一緒。僕はプレステッジ(1950~1970)リバーサイド1960前後と聞き、今1954年のベツレヘム、だんだん琴線が揺れる音源が多くなるようです。鮭の気分。
  1. 2018/02/05(月) 20:04:33 |
  2. URL |
  3. ジャズカフェモーニン #qsvP4ThM
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

モーニンさん、こんばんは。

本ブログのどこかの記事で述べた事ですが、今の私には40-60年代のジャズがあれば良いとさえ思っています。
時間もお金も無限ではありません。この年代のものさえ聴いていないものが山ほどあるのに、新しいものに手を出す余裕がありません。
当然、新しいものの中に素晴らしいものがあるには違いありません。知らない事は不幸なのかもしれませんが、後悔はありません。
新しいものは記録に残り、誰かが受け継いでくれる事でしょう。
それよりも人から忘れ去られそうなものを、記録、記憶に留めておきたいのです。

  1. 2018/02/05(月) 23:26:27 |
  2. URL |
  3. 迦陵頻伽 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karyoubinka.blog93.fc2.com/tb.php/690-95c55478